TSUKADA Kousuke
Exhibition

11:30a.m.〜7:00p.m
(最終日5:30p.m)

 ボロブゥドールの遺跡
1006年ムラピ山(Mt. Merapi 2911m)の大噴火によって、埋まってしまったポロブゥドール(Borobudur)は1814年に英国人ラッフルズ(Raffles)によって発掘されました。
 噴火による熱い火山灰から後年になって堀り出されたのが今日のポロブゥドール遺跡の姿です。

 ラッフルズはカンボジアの「アンコールワット遺跡」もジャングルに埋まった中から発見しました。
  遺跡には1500体からなるレリーフがありますが、それが修復のときの組み合わせで、一致しているもの、不一致なもの、とりあえず石の塊をはめ込んだだけのもの…様々です。
  建立時と同じようにという意図には、作為のようなものは感じられない。
むしろそれが不一致だったときとか、紛失した部分の苦しい繋ぎなどがあって、かえって面白さがあるのです。 

レリーフの石の肌は熱い火山灰によって焼けて変質して黒くなってしまったもの、白っぽくなっているものや、黄っぽくなっているもの、様々でトーンの振幅に富んでいます。

  ボロブゥドール遺跡は、形態、色彩ともに創造する人にとって意欲的になる素材を提供してくれます。

塚田康介略歴

・サトウ画廊、ギャラリー21、ギャラリー檜、
  ギャラリー福山等で個展

・サトウ画廊での企画展「錯誤 '70」「日本の肖像」に参加

・無所属 元NHKチーフディレクター
  元岡山県立大学デザイン学部ビジュアルデザイン教授



ギャラリー檜(Gallery Hinoki)

〒104-0061
東京都 中央区銀座3-11-2
高木ビル1F

TEL 03-3545-3240
FAX 03-3545-3284
email=oniyanma@ja3.so-net.ne.jp

トップページに戻る