INA kenichirou
Exhibition



 90年代の半ばから、それまでの壁から突き出 るような、あるいは壁にそうように、曲面と時に は切り落とされたような面を持つ立体的な支持 体の上に描くという作品と平行して、その自分 自身の作品を対象化して平面の上に描くとい う作品を作ってきた。
  絵画が「何か」についての表象であるとして も、「何を」対象化するのかという選択は、もの (世界)と私との関係をあらかじめ認識のfield で濾過されるのでもなく、また直接指し示すも のでもない。それらは「どの様に」描くかという 形式や方法のなかで形成されるのだろう。
  私自身の作品を再現的に描写する事によっ て、一描がれた私の作品一は壁から遊離し、 そこにはどの様なものが描かれているのかは見 えても、それが何であるかは不明のものとして、 表面のざらつきのなかで浮遊し現れている。

 2002年1月21〜2月2日


ギャラリー檜 地図(Gallery Hinoki MAP)

〒104-0061
東京都 中央区銀座3-11-2
高木ビル1F

TEL 03-3545-3240
FAX 03-3545-3284
email=oniyanma@ja3.so-net.ne.jp

トップページに戻る